サンフランシスコのAcademy of Art Universityイラストレーション科を卒業。帰国後フロムソフトウェア、セガVE研究開発部、セガサミー・ビジュアル・エンターテイメント、マーザ・アニメーションプラネットを経て独立。現在では長野県軽井沢町を拠点にフリーランスとして活動しており、ゲームやCGアニメーション制作をはじめ、実写映画、テレビドラマ、ドキュメンタリー、アニメシリーズ、施設開発など様々なジャンルに渡り手掛けています。

独立前にインハウスで最も長く在籍していたCGアニメーション制作現場では、アートディレクションやコンセプトアート制作など含め、アート業務全般に関っていました。実務を通してアート業務の目的、存在意義、需要やパイプラインについて深く考え、試行錯誤する機会を得ることができたのは貴重な経験でした。

特にアートディレクターとしてプロジェクトの最初から最後まで関り、コンセプトアートという仕事を俯瞰で見れたことは、キャリアの中でとても大きな学びとなっています。独立後はその経験を十分に活かし、何が最もプロジェクトに貢献できる絵なのかを常に意識して仕事に臨んでいます。

著書に「ファンタジーの世界観を描く コンセプトアーティストが創るゲームの舞台、その発想と技法」

またフリーランスの他に株式会社INEIのパートナーアーティスト、Volca株式会社の外部アート顧問、株式会社スローネのアートディレクター、コンセプトアーティストを兼務。

詳しい経歴等はLinkedinをご覧ください。